座光寺×表参道 交流の絆表すシードル誕生 両地区のリンゴをブレンド

地域の話題

[ 2018年 5月 31日 木曜日 17時44分 ]

座光寺×表参道シードル

表参道で行われた完成記念式典

 飯田市座光寺地区と渋谷区原宿表参道のリンゴを使って作ったシードルがこのほど完成し、5月30日、30本のリンゴの木が植えられている、表参道「渋谷川遊歩道」(通称キャットストリート)で完成記念セレモニーが開かれた。2009年に始まった両地区の交流から生まれたシードルに、関係者らは「両地区の絆を形にした、他にはないプレミアムな商品」、「すっきりとした味わいのいいものができた」と声を弾ませた。

 09年、座光寺地区のアルプスを望むリンゴ園を訪れた渋谷区民一行が、「表参道の街並みを美しくするため、リンゴの植樹をしたい」と同地区に要望したことが交流の始まり。翌10年3月に植樹祭が行われ、キャットストリートなどに「シナノゴールド」と「秋映」の苗19本が植えられた。11年にもさらに24本の苗木の植樹が行われ、表参道に小さな「りんご並木」が誕生した。

 植樹後は、座光寺地域自治会(パノラマファーム大門)や同地区農業振興会議のメンバーらが表参道に毎年出向き、樹木管理・指導などを実施。12年9月には初めて50~60個のリンゴが実を結んだ。

 交流のスタートから10年近くが経過する中、「これまでの信頼関係を糧に、次のステップを踏み出したい」と昨年6月に表参道へ管理に訪れた座光寺のメンバーが、同地区のリンゴでつくるシードルを紹介。表参道側も関心を示したため、同年9月に表参道で収穫した約30キロのリンゴと、座光寺で生産されたシナノゴールド、秋映、シナノドルチェ、紅玉の4品種約350キロを合わせ、伊那市の醸造所に醸造を依頼したという。

 今回完成したシードルは750ミリリットル瓶で360本。10月に表参道で開くイベントで、試飲および販売を計画する。表参道のリンゴの収量増を図りながら、ゆくゆくは一般販売も見据える。

 座光寺地区農業振興会議の長沼豊会長(62)は「近年人気が高まっているシードルで、表参道の若い世代の関心を高めることができた。今後もリンゴを中心とした交流をさらに深めていきたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58

春告げるフクジュソウ

2月14日金曜日15:39

カンザクラが春を告げる

2月13日木曜日15:43

ザゼンソウ開花し春の訪れ

2月13日木曜日15:42

おき渡り1年の幸福祈願

2月12日水曜日15:04








記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞