待ってましたブッポウソウ 天龍村役場の巣箱 職員もホッと一安心

地域の話題

[ 2018年 5月 17日 木曜日 15時11分 ]

役場庁舎屋上の巣箱に入ったブッポウソウ(17日)

 天龍村の役場庁舎屋上に設置した巣箱に17日、村鳥のブッポウソウがようやく入った。村内では4月下旬に飛び回る姿が確認されていたものの、なぜか役場付近には飛来していなかった。ここ数日は職員の間でも「営巣しないのでは」とあきらめムードが漂っていただけに、ホっと胸をなでおろし、営巣を見守っている。

 今年は昨年よりも1日遅い4月30日に鶯巣地区で確認したが、その後庁舎付近への飛来は確認できない日が続いていた。今月11日にようやく役場へも飛来し、職員や村民の期待は高まっていた。

 天龍村でブッポウソウにGPSを取り付け、飛来ルートを研究している山階鳥類研究所=千葉県=研究員の仲村昇さん(45)によると、例年営巣するつがいの2個体が何らかの原因で同時に戻ってこられなくなったり、新たな個体は巣箱の存在を確認していても優先順位があるため、入るのは遅くなる可能性があるという。

 仲村さんは「時間はまだ十分あり、産卵、繁殖する可能性は高いと思う」と話している。

 昨年は5月12日に巣箱に入ったことを内部に設置してあるカメラで確認、16日から産卵を開始した。6月10日からふ化が始まり、7月5日に5羽すべてが巣立った。

 ブッポウソウは夏鳥としてユーラシア大陸から渡る。ハトより少し小さく、青緑色の美しい色彩と長くてしなやかな翼が特徴。ひながかえると親鳥がえさを頻繁に運び始めるため、多くのアマチュアカメラマンが役場周辺に訪れる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞