扇之助さんをしのび

地域の話題

[ 2020年 12月 9日 水曜日 15時55分 ]

 11月に90歳で死去した館長の竹田扇之助(本名・石鍋昌男)さんを追悼し、竹田扇之助記念国際糸操り人形館は9日から、飯田市座光寺の同館に記帳台を設けている。来年1月9日まで。期間中は入館無料。

 竹田人形座の代表作「雪ん子」の人形が並ぶ舞台前に、遺影を設置。同館開館にあわせて開催された糸操り講座で、扇之助さんが地域住民を指導する姿や、国内外での公演など、生前の活動を紹介する写真やパネル展示、映像上映も行っている。

 同館職員の水上隆さん(64)は、扇之助さんから約10年間指導を受け、現在は糸操り講座受講生で結成された「竹田人形座 竹の子会」で活動する。

 水上さんは「獅子舞を初めて演じた時、扇之助さんが泣いて感激してくれた。教えていただいたことを何とか受け継ぐことができたのかな、と感じた」と振り返った。

 1月9日には、糸操り人形芝居を楽しむ新春恒例の特別鑑賞会「初春を寿ぐ竹田人形館」(NPO法人いいだ人形劇センター・飯田文化会館主催)を、隣接する麻績の館で開催する。

 水上さんは「扇之助さんは人形劇に一生を捧げた人なので、上演することが供養になるのでは。人形劇を楽しんでもらい、扇之助さんをしのんでいただけたら」と話していた。

 問い合わせは同館(電話0265・23・4222)へ。

◎写真説明:竹田人形館に設けられた記帳台

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞