新野の大銀杏が見頃に

地域の話題

[ 2017年 11月 2日 木曜日 15時49分 ]

001niino

 阿南町新野の「十九庵の大銀杏」が、ここ数日で一気に色付き、見頃を迎えた。地主で周辺の整備を続ける村松輝俊さん(79)と妻の安代さん(75)も「今年はいい色をしている」と笑顔だ。

 イチョウは町の天然記念物で、樹齢は約600年前後。高さ25メートル、枝の広がりは30メートルで見応えのある葉をつける。

 新野を治めていた関氏の初代盛春が1429年に逝去し、2代目の盛国が菩提を弔うため、この場所に瑞光院の前身となる瑞光庵を建立。記念樹としてイチョウを植えたと伝えられる。

 その歴史を後世に残そうと、里山と都市の交流拡大を目的に活動展開する地元のNPO法人「祭り街道の里ドリーム新野」は10月、イチョウ近くに碑を建立した。

 管理を続けるのは村松さん夫妻。安代さんは花木を植えて景観を整え、ドーム菊も名物の1つになった。「今年は菊とイチョウの時期がずれてしまって残念。宝物のイチョウをこれからも見守っていきたい」と話している。

 今年は10月末ごろから色付き始め、3日ほど前に見頃を迎えた。あと1週間は楽しめるという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

18日に無観客ライブ

7月4日土曜日14:42

被爆アオギリに想い託し

7月4日土曜日13:59

新たな昼の楽しみ提供

7月3日金曜日15:01

ていざなすの出荷始まる

7月3日金曜日15:31

購入希望受け付け始まる

7月2日木曜日16:22

天竜川架橋と日照補償

7月2日木曜日16:37

34人検体採取し全て陰性

7月1日水曜日15:04

餌運ぶ姿に歓声

7月1日水曜日15:21

同じ顔ぶれ一騎打ち

6月30日火曜日15:07

学年超えて自主性育む

6月30日火曜日15:18

「公演楽しみに待って」

6月29日月曜日16:49

千代が誇る自然を体感

6月29日月曜日16:53

「焼肉のおともセット」発売

6月27日土曜日14:18

現新一騎打ちの選挙戦へ

6月27日土曜日14:55

売木村の6宿泊施設がCF開始

6月26日金曜日15:29








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞