日本キジ180羽を放つ 飯伊連合猟友会 鳥類の保護・増殖目的に

地域の話題

[ 2017年 10月 27日 金曜日 15時03分 ]

キジの放鳥(もろはら公園で)

 飯伊連合猟友会(松島貞治会長、会員720人)は27日、鳥類の保護・増殖と狩猟鳥類の確保を目的に、日本キジ(90日令)180羽(昨年120羽)を放鳥した。11月15日に狩猟解禁となる。

 キジは大日本猟友会の助成により上田市の養殖業者から4羽ずつ45箱を搬入。飯田市追手町の飯田合同庁舎正面駐車場で同猟友会の8つのブロック責任者に割当羽数が引き渡された。

 箱の中で暴れるキジを受け取ったブロック責任者はさっそくそれぞれ指定された保護区などに持ち帰り、待ち受けた支部役員と一斉に放鳥した。

 大鹿、喬木、豊丘の竜東ブロック喬木支部では、同連合会役員の中村裕夫支部長と支部役員3人が同村小川上平のもろはら公園で8羽を青空に放鳥した。

 中村支部長(70)は「数年前までキジをあまり見かけなかったが、最近はヒナを連れた親鳥をちょくちょく見るようになった。天敵のキツネが少なく、自然界の条件がキジの生息に適しているのでは」と話した。

 同支部の会員は、猟銃が20人余、ワナも入れると40人ぐらい。高齢化が進み、以前の三分の一程度まで減少している。キジは撃つ人は少なく、ほとんどがシカやイノシシという。

 県南信州地域振興局林務課内の事務局によると、放鳥したキジ180羽はオスとメスが半々。狩猟の対象となるオスには目印の足環が付けられている。事務局へ報告すると大日本猟友会から金バッジが記念品に贈られるが、昨年は1羽だけだったという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞