日本一の学校桜キャンドルナイト

地域の話題

[ 2014年 4月 14日 月曜日 10時21分 ]

 日本一の学校桜として知られる高森町の高森南小学校で11日、夜桜イベント「日本一の学校桜キャンドルナイト」があった。

 町内の30~40代の有志21人でつくる「TAKART(タカート)」が企画。2010(平成22)年から毎年開いている。

 校庭を縁取るように55本のソメイヨシノが植わる。その根元に地元の児童がペットボトルを使って手作りした特製キャンドル約800個を並べ、幻想的な雰囲気を演出した。

 午後6時半すぎ、特製キャンドルのろうそくに火が付けられた。ろうそくの明かりに満開となった淡いピンクの花が浮かび上がり、訪れた人は花を眺めたり、桜の前で記念撮影したりして満喫した。

 企画した矢沢政光さん(38)は「5年目の開催だが来場者は年々増えている。南小の桜を広く知ってもらう機会として今後も続けていきたい」と話した。

 同校のソメイヨシノは昭和のはじめに小学校の統合を記念して植えられたもので、樹齢80年を超える大木も多い。桜の保全に役立てようと、会場では募金も呼び掛けた。

 また昨年に続いてフォトコンテストも実施する。テーマは「子どもたちのキャンドルと日本一の学校桜」。サイズは四つ切りで、デジタルデータで提出する。応募は30日まで。出品料として1作品500円が必要で、桜の保存費などに充てる。問い合わせは町経営企画室(電話35・9441)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞