日本花の会南信州支部が阿南町富草でサクラの植樹

地域の話題

[ 2010年 3月 15日 月曜日 14時07分 ]

 日本花の会南信州支部(森田和市支部長)は13日、阿南町富草の雲雀沢地籍の山でサクラの植樹を行った。会員や雲雀沢の住民らの約30人が参加し、山の斜面にヤマザクラ「仙台屋」の苗木50本と麻績の里の舞台桜から接木したシダレザクラの若木4本を植えた。

 同支部は毎年1回、支部員が全員参加し植樹活動を続けている。この日は会員でもある竹村義房富草公民館長の呼び掛けにより、地元との協力で作業を行った。参加者は山の斜面に半径30センチほどの穴を掘り、根を伸ばすよう芽を取り除いた苗木を植え、支柱に固定していった。

 植樹を行った場所は、160年ほど前に金毘羅大権現と秋葉大権現の碑が建立され、毎年春には付近の住民がお参りに訪れていた場所。近年は木が生い茂り荒れた状態が続いていた。

 周囲の環境整備をしようと地元が立ち上がり、地権者の了解を得て木を伐採。今回同会の協力でサクラの植樹を計画したという。

 「ここは阿南町の北の玄関口。10年ほどすれば国道からサクラが見えるようになる。ふるさとを離れる人、帰ってくる人にサクラを見てもらえたら」と竹村公民館長。

 森田会長は「雲雀沢の皆さんの熱意に我々もお力添えできた。将来ここがサクラの里になることを望んでいる」と話していた。同会は7日にも同町川田地区でサクラの植樹に協力した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞