早くもホタル舞う 阿智村上中関の湯川で

地域の話題

[ 2018年 6月 9日 土曜日 13時02分 ]

湯川で飛び交うホタル

 阿智村上中関の湯川で早くもホタルが舞い始めた。春から温暖な日が続いたためか、例年より1~2週間ほど早いという。

 上中関を流れる湯川周辺には昔から絶えることなくホタルが飛び交っており、阿智村50周年に選定した「未来に残したい阿智村の50選」にも選ばれた。毎年ホタルの季節になると昼神温泉の宿泊客も訪れ、幻想的な光景を楽しんでいる。

 近くの住民有志がホタルを守ろうと「湯川のホタルに親しむ会」(中島隆之代表)を結成し、繁殖用のビオトープを設置してカワニナを飼育するなどの保護活動を続けてきた。

 今年は6月1日に飛び始め、徐々に数を増やしてきた。中島さんは「まだちらほらとしか見られないが、これからどんどん増えていく」と話した。マナーを守って観賞するよう呼び掛けている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05

児童の笑い声 校舎に響く

5月18日月曜日16:39

「伝統野菜」地域で守る

5月16日土曜日13:41

緊急対策で第2弾提案へ

5月16日土曜日13:35

トウモロコシの定植始まる

5月15日金曜日15:58








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞