映画「いつくしみふかき」の説明会 渡辺いっけいさんも呼び掛け

地域の話題

[ 2016年 12月 19日 月曜日 15時41分 ]

集まった地元住民に協力を求める渡辺さん

 来年9月20日にクランクインするオール飯田ロケの映画「いつくしみふかき」の説明会が17、18の両日、飯田市吾妻町の市公民館であった。親子役で主演する俳優の渡辺いっけいさん(54)と遠山雄(ゆう)さん(32)=本籍・同市南信濃=らが作品や飯田に対する思いを語り、集まった約70人に協力を求めた。

 詐欺師をなりわいとする父(渡辺さん)とひきこもり生活を送る息子(遠山さん)という実の親子2人が飯田で初めて出会い、徐々に変わっていく姿を描いた作品で、2018年の全国公開を予定している。

 製作費は1500万円とし、説明会では▽募金箱の呼び掛け▽協力者リストへの記入▽募金箱を設置する店舗・企業の募集▽物品や食事、サービスなどの提供―などを求めた。

 渡辺さんは「実家が愛知県豊川市なので、いつか飯田線に乗って飯田まで行ってみたいと思っていた。飯田は山が近いのが印象的で、初めて見た飯田駅の赤い屋根は感慨深いものがあった」と飯田の印象を語った。

 「メガホンを取る大山晃一郎監督はとても共感を覚える、遠山さんは非常に魅力的でいい役者」と評価し、出演については「とてもいいタイミングで出演の話をもらった。飯田の人とコミュニケーションをとるほどいい映画になるという確認がある。皆さんと一緒につくりたい。何らかの形で関わって」と呼び掛けた。

 集まった人たちはさまざまな形での協力を約束し、下久堅の男性(39)は「通行人として参加する程度かと思っていたが、主体的に関われると知ってうれしく思った。できる限り協力したい」と話した。

 説明会やワークショップは今後も開く予定で、次回は来年1月に予定している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞