春休みは「丘の上」で買物を 動物シールなどプレゼント

地域の話題

[ 2015年 3月 5日 木曜日 12時01分 ]

 飯田市や市中心商店街連合会などは21日から4月5日の期間、中心市街地(通称・丘の上)で買物や食事をすると、市立動物園(扇町)の豆汽車の乗車券やオリジナルの動物シールをプレゼントする特別企画「春うらら 丘の上さんぽ」を繰り広げる。春休みの家族連れを中心に街中を回遊してもらい、にぎわいを呼び込もうと初めて試みる。動物シールは全24種類で、専用台紙に貼っていくと、オリジナルの動物図鑑を作成することができ、「完全制覇」でさらなる特典もある。

 市商業・市街地活性課によると、年間12万人が来場する市立動物園の人気も生かし、連動させた取り組みで多くの人たちに市街地一帯を歩いてもらう狙い。

 動物シールは市立動物園で飼育されている60種類のうち、フンボルトペンギンやミーアキャット、アンデスコンドルなどをイラストで描いた全24種類。動物園で配布する専用台紙に貼ることで「飯田まちあるき図鑑 飯田市立動物園編」(A6判)が作れる。各動物の欄には特徴などの解説付き。シールは自分の好きなものから選んで集めることができ、全種類を集めると、表紙用の「スペシャルシール」がもらえる。

 期間中に参加店舗(計81店)で500円以上の買物や食事をすると、動物園での動物シール1枚の交換券と豆汽車「弁慶号」の無料乗車券を進呈。シールは市内の対象駐車場の駐車券を提示しても、もらえる。「街中をしっかり歩いて楽しんでもらう」(商業・市街地活性課)ため、動物園から遠い駐車場に止めると、枚数を多くもらえるようにし、こちらはイベント期間を過ぎても実施する。

 対象の駐車場は全15カ所。市営本町とトップヒルズ通り町の駐車券なら動物シール2枚を、市営の中央と飯田駅、そのほか民間の駐車券なら4枚をプレゼントする。動物園に隣接する市営扇町に駐車した場合はもらえない。

 春休み特別企画ではこのほか、丘のまちプチバス「プッチー」を特別運行するほか、同市美術博物館や中央図書館、川本喜八郎人形美術館など各施設でも多彩なイベントを予定している。

 問い合わせは市商業・市街地活性課(電話0265・22・4511内線4650)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio