春告げるフクジュソウ

地域の話題

[ 2020年 2月 14日 金曜日 15時39分 ]

 泰阜村田本の福寿院でフクジュソウが見頃を迎え、あちこちに顔を出したかわいらしい黄色い花が、訪れた人を和ませている。

 「多くの住民が集い、憩える場所をつくりたい」と、同院は20年ほど前から、かつて水田だった土地に桜の植樹と石仏の設置を進めてきた。現在は敷地内に約60本の桜が植わり、春になると多くの地域住民らが足を運び、石仏の観音様とともに花見を楽しんでいる。

 フクジュソウは「足元の彩りに」と、寺院の名前にもちなんで8年ほど前から植えている。徐々に株数が増え、今では参道沿いや桜の木の根元、石仏の傍らで楽しむことができる。

 横井廣壽住職(73)によると、今年は例年より早い開花。日当たりの良い場所では1月10日頃につぼみを確認できたといい、「見頃は2月いっぱいぐらい」と話す。

 「日差しを受けるとパッと花が開き、とてもきれい。毎年きちんと姿を見せ、春を感じさせてくれる」と目を細めた。

◎写真説明:福寿院に咲くフクジュソウ

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     









記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞