昼神温泉で女性誘客用ポスター完成

地域の話題

[ 2013年 8月 23日 金曜日 9時40分 ]

 阿智村昼神温泉郷のおかみら女性でつくる「女子旅☆推進委員会」(中島美香委員長)が、地元に住む0~100歳の女性を起用した女性誘客用のポスター、冊子が出来上がった。近く始める県内外での告知に役立てる。

 女性に好かれ、女性であふれる昼神温泉を目指そうと、同温泉の宿泊施設と観光局の女性たちが“女性目線”で温泉郷の魅力を発信するプロジェクトで、ポスターの製作は今回が初めて。

 全世代の女性に喜ばれる温泉であることを伝えるため、地元の素肌美人12人に協力を求め、女性たちが背にする橋のたもとに立つ重量制限の道路標識は、ポスターと冊子に使った写真上では「年齢制限なし」に書き換えた。

 阿智川沿いに立っている「あぶない(増水注意)」の看板は「美肌注意」とし、「昼神温泉のすべすべとした肌ざわりの湯は美肌の湯として女性に人気ですが、きれいになりすぎにご注意を」という“警告文”も加えた。

 ポスターには「温泉女子、求ム」「生涯女子旅宣言」のキャッチコピーを付け、冊子には月替わりの特典と男性スタッフによる旅館紹介、美容、グルメ、パワースポット、周辺の体験スポットを載せた。

 ポスターは200枚、冊子は1万部を作り、県内外の観光案内所、各旅館の営業先などに掲示、配置する予定。掲示に協力する場所も募っている。

 観光局の女性は「昼神の一番の武器は泉質の良さ。清潔感があってのんびり過ごせる温泉郷がここにあることを、昼神を知らない女性たちに広く告知したい」と話している。

 問い合わせは同観光局(電話0265・43・3001)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞