昼神温泉郷に「星宙ルーム」 プラネタリウム原板を作成

地域の話題

[ 2016年 11月 22日 火曜日 16時37分 ]

家庭用プラネタリウムのイメージ

 阿智村の阿智☆昼神観光局(白澤裕次社長)とスタービレッジ阿智誘客促進協議会(会長・熊谷秀樹村長)は、セガトイズと共同で光学式家庭用プラネタリウム「ホームスター・クラッシック」で、阿智村の夜空と風景を再現した原板を製作した。

 

 ウインターナイトツアー(12月3日から)に合わせ、昼神温泉郷内の9旅館で同プラネタリウムと原板を設置した「星宙(ほしぞら)ルーム」を用意。室内にいながらも阿智村の風景と星空を楽しむことができる。

 

 ホームスターは、プラネタリウム・クリエイターの大平貴弘さんが監修した世界初の光学式家庭用プラネタリウム。発売から10周年となった昨年には販売台数が100万台を突破し、家庭用プラネタリウムの圧倒的なシェアを誇っている。

 

 阿智村の原板は、満天の星空とともにハナモモなどの風景が投影される。現在のところ、昼神温泉旅館の「星宙ルーム」の特別宿泊プランのみで見ることができる。特別宿泊プランは今後、各旅館や昼神温泉ガイドセンターで受け付ける。

 

 星宙ルームを設ける旅館は次の通り。

 

 ▽昼神の棲玄竹、日長庵桂月、ユルイの宿恵山、懐石と炉ばたの宿吉弥、癒楽の宿清風苑、おとぎ亭光風、料理旅館むらさわ、阿智保養センター鶴巻荘、野熊の庄月川

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号