昼神温泉郷のひな祭り

地域の話題

[ 2015年 2月 5日 木曜日 9時11分 ]

いしだ吊るし雛 阿智村昼神温泉郷のひな祭りイベントが今月から始まり、各旅館や飲食店など30数箇所で、新旧さまざまなひな人形を展示している。このうち、旅館「石苔亭いしだ」の能舞台では、春の呼び物になっている「二千体のひな飾り」が飾られ、一般に無料で公開されている。

 

 同旅館はことし、ひな飾りの舞台を会場にした人形芝居や狂言のワークショップを企画。人形芝居の体験は「竹田人形座竹の子会」を招いて今月28日、3月8日、21日、28日、29日の計5日間、いずれも午後1時から開催する。

 

 一方、狂言ワークショップは京都から「茂山狂言会」を招き3月17日、4月16日、17日の3日間いずれも午後1時から行う。人形芝居、狂言ともに参加費は無料。狂言の参加希望者は足袋を持参する。

 

 ひな飾りの展示は4月3日まで。挙式や貸切のため観覧できない日もあるため、来館前の電話確認を呼び掛けている。一般公開は午前10時から午後5時まで。食事と温泉を楽しめる日帰りプラン(5500円から)も用意している。問い合わせは、同旅館(電話43・3300)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事