時計塔の「ぽぉ」が変身 飯田市街地でクリスマス企画 

地域の話題

[ 2018年 12月 8日 土曜日 14時16分 ]

クリスマスの「ぽぉ」や音楽などの演出を楽しむ市民ら

 飯田市中心市街地でクリスマスにちなんだ特別企画が順次、展開される。6日からは並木通りの人形時計塔「ハミングパル」がクリスマスバージョンになり、夜のライトアップも開始。15日からは菓子や特典がもらえるスタンプラリーもある。

 市中心市街地活性化協会と市の主催。ハミングパルは午前8~午後9時までの毎正時(1日12回)、からくり人形が動き出して時を告げるが、25日までの期間は、中心にいる人形劇フェスタのキャラクター「ぽぉ」が特別な装いで登場する。音楽もクリスマス限定の曲目が流れる。

 7日夕の開演時は「クリスマスバージョンと聞いて見に来た」という中学生や親子連れなどが集まり、5分ほどの演出を楽しんだ。音楽に合わせて、幼児の軽快な踊りも見られた。

 一方、15~24日のスタンプラリーは共催の市立中央図書館、市立動物園、川本喜八郎人形美術館を回る。「丘のまちフェスティバル」のキャラクター「ナミキちゃん」のスタンプを3施設で集めると、メダル贈呈や入館無料などの特典がある。期間中は各施設で、おはなし会やアニメ上映、サンタ列車などの特別企画もある。

 スタンプを全部集め、22~24日に市街地で特別運行する電気自動車「プッチー」に乗ると、サンタクロースに扮した運転手がお菓子をプレゼント。食品卸売業の「外松」が協力し、小学生以下に先着200セットを提供する。

 このほか、トップヒルズや桜並木、旧飯田測候所一帯の北斗のまち橋北などでは来月にかけて、イルミネーションを点灯し、夜のまちなかを明るく盛り上げる。

 各イベントの問い合わせは市商業・市街地活性課(電話0265・52・1715)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)