普段入れない書庫も見学

地域の話題

[ 2021年 5月 20日 木曜日 16時30分 ]

 飯田市追手町の市立中央図書館は15日、小学生対象の「中央図書館たんけんツアー」を開いた。親子連れら9組が参加。普段入ることができない書庫を見学した。

 4月23日から5月12日までの子どもの読書週間の特別行事として開催した。

 はじめに職員が同館の概要を紹介。書庫を含め38万冊があると聞くと、参加者から驚きの声が上がった。このうち貸し出し用が16万冊で、子どもの本は書庫分も含め7万冊あるという。また、3階建てに見えるが、5階建てになっている。

 児童たちは職員しか入れない書庫を見学。同館には2つの書庫があり、2階フロアの受け付けカウンター後ろから入った。幾重にも本棚が並び、細い通路を歩いて回った。動く本棚もあり、隙間なく並び壁のようになっていたが、ハンドルをゆっくり回すと移動し始め、中から本が現れた。

 子どもたちは「としょかん分類ビンゴ」にも挑戦。背表紙のラベルを見て本を探し、用紙のマスに本のタイトルを書いた。フロア全体を回り、職員が何の分類の本がどこにあるかを紹介し、最後は機器を使ってバーコードを読み取り、本の貸し出しも体験した。

 上郷小6年の女子児童(12)は「入れない場所も見れて楽しかった。書庫にはいろんな本がたくさんあってびっくり。回っていたら気になる本を見つけたのでまた借りてみたい」と話していた。

◎写真説明:書庫を見て回る参加者

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞