晴天の下大にぎわい

地域の話題

[ 2020年 10月 26日 月曜日 15時33分 ]

 食とクラフトのイベント「南信州天龍峡マルシェ」(実行委員会、天龍峡観光開発整備推進協議会主催)が25日、飯田市川路の天龍峡公園周辺で開かれた。今年は新型コロナウイルス感染防止対策を講じて開催。「てんと市」に約20店、「くらふと市」に約60店が出店し、大勢の人でにぎわった。

 晴天に恵まれたこともあり、会場には親子連れなど多くの客が来場し、「昨年より多かった」(関係者)という。駐車場を当初の2倍にするなど混雑した。てんと市の出店には長蛇の列ができ、くらふと市には人だかりができていた。

 JR天竜峡駅近くの姑射橋広場周辺で開いた「てんと市」では地元農産物や加工品、「天峡まん」などの名物を販売。浜松餃子「ギョーザの勇次郎」をはじめとした三遠南信地域の特産グルメも販売された。

 中央駐車場と遊歩道の「くらふと市」では、個性派作家とショップが集合。来場者は工芸品や雑貨、骨董など多彩な作品に見入っていた。飯田紬や江戸小紋を売る店では外国人女性の興味深く見入る姿が見られた。

 コロナ対策で来場者、出店者、スタッフ全員にマスク着用を呼び掛け、消毒液を設置。会場内に飲食用のテーブルは設置せず、シャトルバスも運行しなかった。例年行っていたミニSLや天龍峡龍神の舞などのイベントは中止した。

 実行委員会事務局の吉澤剛(たけし)さん(48)は「大勢来場してもらえたことはありがたく、その多さに戸惑ったくらい」とし、「マルシェで天龍峡を知ってもらい、再び訪れてもらうきかっけになれば。まだ地元のイベント色が強いが、将来は三遠南信地域に広げていきたい」と話した。

◎写真説明:長蛇の列ができるほどにぎわった「てんと市」

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42

環境保全の計画公表

11月17日火曜日15:16

8年ぶりにカメラ発見

11月16日月曜日15:16

故人しのび思い出語る

11月16日月曜日15:55

「地域と共に進化を続け」

11月14日土曜日13:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞