札幌美園リンゴ会が飯田東中を訪問、歓迎会で近況報告

地域の話題

[ 2010年 10月 22日 金曜日 15時10分 ]

 札幌市豊平区美園地区内に植わるりんご並木で、長年にわたり世話を続ける美園リンゴ会(大宮幸一会長)の会員ら12人が20日、飯田東中学校を訪問した。歓迎会や生徒たちとの近況報告会を通じて情報交換し、交流を深めた。

 両者の交流は、同中生徒が育てるりんご並木を参考に1961年、札幌市が美園地区の環状通中央分離帯約1キロにリンゴの若木80本を植えたことがきっかけ。翌年300個ほどが実をつけたがほぼすべてが盗難にあい、76年、並木を見守る同会が発足した。並木10周年にあたる85年には「飯田市」の文字を刻んだ石碑を建立し、同中生徒を序幕式に招待している。

 今回は美園地区の並木35周年を記念して交流会が実現。同中体育館で全校生徒が参加して歓迎の会を開いた。

 飯田りんご並木の世話を行う千葉正康りんご並木委員長(3年)は「飯田のりんご並木は札幌市の美しい街路樹を参考にしている。これまで問題はいくつもあったが、地域に助けられて乗り越えてこれた」と報告すると、「時は経ったが、これからも交流を続けていきたい」と思いを伝えた。同会からは生徒全員に区のキャラクター入りエコバックと地元のお菓子が贈呈された。

 歓迎会後には、生徒会、並木委員代表者と会員らで意見交換会を実施。東中が収穫までの年間計画や行事を紹介すると、同会員らも、現在10品種80~90本を見守り、年間1万個ほどを収穫する並木や会の状況を報告した。大宮会長は飯田のりんご並木について「実も大きく木も立派」と称賛。高齢化が進む会の状態も踏まえ「今後は並木近くの中学校とも連携できれば。将来的に生徒同士の交流へと発展していけばうれしい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27

橋南の平和守るのは君

1月9日土曜日13:16

住民意向12日から再調査

1月8日金曜日15:07

豊作願う小正月飾り

1月8日金曜日15:23

地域への普及目指し

1月7日木曜日15:58








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞