東京五輪組織委が3村に記念楯贈る

地域の話題

[ 2018年 4月 11日 水曜日 15時16分 ]

記念楯を受け取った3村の首長ら

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は10日、東京都の晴海に建設予定の選手用交流施設「大会選手村ビレッジプラザ」に木材を提供する根羽、天龍村と南佐久郡川上村に木材エンブレム記念楯を贈った。飯田市追手町の県飯田合同庁舎で受贈式を開き、福島七郎会場整備局長が、3村の首長らに謝意を伝えた。

 大会を「オールジャパン」で盛り上げ、終了後は各地に遺産を残すことを目的にした同施設の建設構想に基づく。木造平屋建て、延べ床面積約6000平方メートルのプラザを、公募に応じた29都道県63自治体が提供する木材で建て、大会終了後に解体して木材は各自治体が活用する。

 県内では根羽村がスギ30立方メートル、天龍村がヒノキ10立方メートル、川上村が10立方メートルの計50立方メートルを提供。組織委が指定する型に加工し、来年4~6月に現地に搬出する計画という。

 受贈式では福島局長が、各村産材を使い、五輪やパラのエンブレムをあしらった楯を贈呈。「このプロジェクトで持続可能性を具現化したい。五輪に関わりを持ったことを地域の中で伝え、盛り上げて」と求めた。

 根羽村の大久保憲一村長は「地域材を活用し、林業を再生することは持続可能な地域づくりの原点。(五輪を通じ)広くPRできることは大きな意義がある」と強調。

 天龍村の永嶺誠一村長は「五輪に関わることができ、村内では期待感が広がっている。村民の思いの象徴として楯をお披露目したい」と話していた。

 組織委によると、施設は来年6月に着工する。提供地域を何らかの形で表記する方法を検討中で、完成前には自治体向けの内覧会も開きたいとしている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52