東野公民館で「みんなで正月行事を楽しもう」開

地域の話題

[ 2010年 1月 20日 水曜日 8時34分 ]

 飯田市東野公民館文化部、育成部主催、東野地区健康福祉委員会主催の「みんなで正月行事を楽しもう」は17日、同公民館で開かれた。

 参加した子どもたちは、かるたや輪投げなど昔の遊び、またもちつきを通じて地域住民らと交流を深めた。

 地域の各委員会が協力して行う毎年恒例の行事。子どもたちに昔の遊びを通じて日本の伝統を継承させることが目的で、15年以上続く。地元の子どもたちや保護者などが参加した。

 百人一首では、お年寄りが読み上げる歌に注意深く耳を傾け、素早く手を出して枚数を増やした。このほかにもオセロやトランプ、折り紙など多種類の遊びを楽しんだほか、大人と一緒になって行ったもちつきでは、もち米一斗分をつき、きな粉とアンコ、ゴマの三種類の薬味と絡めて味わった。

 参加した保護者は「昔は学校が土曜日も登校日で、たこあげといった正月行事を体験する場を設けてくれたが、休みになってからは授業の関係もあり、なかなかこのような昔遊びを体験する機会は減った」と話し、公民館事業に期待を寄せていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事