東野公民館で「みんなで正月行事を楽しもう」開

地域の話題

[ 2010年 1月 20日 水曜日 8時34分 ]

 飯田市東野公民館文化部、育成部主催、東野地区健康福祉委員会主催の「みんなで正月行事を楽しもう」は17日、同公民館で開かれた。

 参加した子どもたちは、かるたや輪投げなど昔の遊び、またもちつきを通じて地域住民らと交流を深めた。

 地域の各委員会が協力して行う毎年恒例の行事。子どもたちに昔の遊びを通じて日本の伝統を継承させることが目的で、15年以上続く。地元の子どもたちや保護者などが参加した。

 百人一首では、お年寄りが読み上げる歌に注意深く耳を傾け、素早く手を出して枚数を増やした。このほかにもオセロやトランプ、折り紙など多種類の遊びを楽しんだほか、大人と一緒になって行ったもちつきでは、もち米一斗分をつき、きな粉とアンコ、ゴマの三種類の薬味と絡めて味わった。

 参加した保護者は「昔は学校が土曜日も登校日で、たこあげといった正月行事を体験する場を設けてくれたが、休みになってからは授業の関係もあり、なかなかこのような昔遊びを体験する機会は減った」と話し、公民館事業に期待を寄せていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞