松尾の文化芸能にぎわう SBCラジオ生中継も

地域の話題

[ 2012年 2月 8日 水曜日 16時04分 ]

 飯田市松尾地区の文化祭が4、5の両日に松尾公民館を主会場に開かれ、地区住民が日ごろの文化・芸能活動の成果を発表した。初日は健康コーナーやミニSLの乗車体験など、2日目は芸能発表会やチャイルドシートの無償提供などがあり、多くの住民らでにぎわった。

 初日はSBCラジオ「ともラジ」のサテライトスタジオが館内に特設され、アナウンサーらが文化祭の様子を生中継したり、地元住民たちが郷土の魅力や歴史を紹介したりした。立川談慶師匠の落語もあった。

 松尾地区まちづくり委員会(宮下吉彰会長)が主催し、松尾公民館(角田禊治館長)が主管。館内の文化展では、地区内のグループや個人、松尾小学校の各種クラブによる絵画や手芸、水墨画、書道、絵手紙、焼き物などの力作が並んだ。

 子ども向けの企画も盛りだくさんで、「おもしろ科学教室」では風船ロケット作りなどに挑戦した。同館の駐車場には、恒例のミニSLが登場。白い蒸気を噴き上げて進むと、子どもたちが歓声を上げた。消防車の乗車体験も人気を集めた。

 2日目の芸能発表会には、地区内の各種団体が出演。幼児から年配者までが次々とステージに立ち、伝統芸能やブレイクダンス、詩吟、社交ダンス、合唱、健康体操などの多彩な27演目で観衆を楽しませた。

 このほか、地元の味に親しんでもらおうと、凍み豆腐入りみたらし団子や干し柿料理、漬物などの試食コーナーも。健康関連では、ガムを使ってかむ力を調べたり、骨密度や体組成を測ったりのブースを設けたほか、AED(対外式除細動器)講習会も試みた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元産の安全な野菜を

4月8日水曜日17:35

テイクアウト情報を発信

4月8日水曜日17:31

阿智村昼神温泉郷のハナモモが見ごろ

4月7日火曜日16:11

現新の前哨戦 熱帯び始め

4月7日火曜日16:09

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞