松尾明でどんど焼き 炎見守り焼餅味わう

地域の話題

[ 2012年 1月 14日 土曜日 13時38分 ]

 1年の無病息災などを願い、門松やしめ縄などの正月飾りを燃やす「どんど焼き」が8日を中心に、7日から15日にかけて飯田下伊那各地で行われている。飯田市松尾明でも8日の早朝にあり、地区住民約70人が参加して2012年の平穏無事を願った。

 各家庭から集めた正月飾りやだるまなどのほか、子どもたちが持ち寄った書き初めを空き地に積み、当日はまだ暗い午前5時に点火。参加者たちが燃え盛る炎を見守りながら、家内安全や幸運到来などそれぞれの思いを込めた。

 周囲が明るむ頃には火が収まり、おきの状態にしてから、餅焼きを開始。ぷっくりと焼き上がった熱々を子どもも大人も笑顔でほおばった。大人たちにはお神酒が振る舞われ、互いに新春を祝う姿が見られた。

 どんど焼きは初めてという松尾小2年の女子児童は「寒かったけれど、顔は炎で熱かった。自分で焼いたお餅を食べたら、すごくおいしくて、とても楽しかった」と満足げに話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞