松尾踊ってみよう会開く

地域の話題

[ 2013年 12月 13日 金曜日 9時03分 ]

 飯田市松尾公民館でこのほど、第11回「松尾踊ってみよう会」が開かれた。松尾地区踊り連盟と同公民館文化委員会が主催。松尾地区の中でさまざまな踊りに取り組んでいる15のグループ・個人計約200人が踊りや流派を超えて一堂に集まり、日頃の練習の成果を発表し合った。

 初参加の飯田OIDE長姫高校の女子生徒6人によるヒップホップを皮切りに、各種グループ・個人による舞踊や民踊、ハワイアンダンス、ダンススポーツ、バトン演技、合吟・剣舞、最後は全員で「飯田をどり」と16番のプログラムを繰り広げた。地元の飯田女子短期大学の学生によるよさこいもあった。

 同公民館の角田禊治館長によると、これだけ多くの踊りの発表会は珍しく、内容的にもレベルが高いという。「お互いに鑑賞し合うスタイル。自分が発表するだけでなく、人のも見ることで舞台と観客が一体化し、自分の踊りの参考にもなる」という。

 松尾地区では、ことし4月に初の「郷土芸能まつり」が鳩ケ嶺八幡宮一帯で開かれ、獅子舞や囃子、太鼓などの7団体が出演した。来年は4月26日に「越中八尾おわら風の盆」で有名な富山市八尾地域から「越中おわら節」の保存会を招く計画で実行委員会が発足し準備を進めている。

 この事業を主管する公民館では「松尾踊ってみよう会のイベント」と位置づけ、特別ゲストとして「越中おわら節」を呼ぶ計画。この日の発表会で、公民館の役員など有志でつくる「松舞会」のメンバーが民踊「越中おわら節」の練習の成果を披露した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27

橋南の平和守るのは君

1月9日土曜日13:16

住民意向12日から再調査

1月8日金曜日15:07

豊作願う小正月飾り

1月8日金曜日15:23

地域への普及目指し

1月7日木曜日15:58

思い新たに3学期スタート

1月7日木曜日15:35

伝統文化を感じて

1月6日水曜日15:36








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞