松川町が飯田線の切手シート販売

地域の話題

[ 2015年 10月 21日 水曜日 9時52分 ]

 松川町は19日、JR飯田線の風景写真を題材にした切手シートの販売を開始した。JR飯田線の利用促進を目的に、町が昨年度実施した「のらまいか飯田線フォトコンテスト」の入賞作品のうち10点をオリジナル記念切手に採用。担当課は「切手を使ってもらうことで飯田線の魅力がさらに広がれば」と期待を込めた。

 フォトコンテストは「信州伊那谷飯田線の美しい風景」をテーマに募り、県内外の写真愛好家や鉄道ファンら88人から、飯田線の県内区間(辰野―中井侍間)沿線で撮影された計238点が寄せられた。

 B4サイズの切手シートには、泰阜村内で撮影した最優秀賞「谷間を縫う」のほか、季節ごとの魅力を楽しめる作品が並んでいる。

 シートは全10種類入り(82円切手)で1000円。フォトコンテストの入賞作品を使ったポストカード2枚と、入賞作品の撮影ポイントを記した解説書付きで、1000セット限定。町役場と温泉宿泊施設「清流苑」で販売している。問い合わせは町まちづくり政策課(電話0265・36・7021)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

震災から10年振り返る

3月8日月曜日15:23

高校生が鳥居を製作

3月8日月曜日15:13

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19










記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞