松川町でドローン活用の説明会

地域の話題

[ 2017年 5月 17日 水曜日 15時30分 ]

002matsukawamachi

 松川町は17日、ドローン(小型無人機)の活用に向けた説明会を松川中学校グラウンドで開いた。ドローンを所有する飯田市内の建設コンサルタントを迎え、実際に飛行。町は災害対策を含めた活用を探る。

 同社は3機のドローンを所有する。そのうち最新機種の性能は飛行時間が最大20分程度、最大高度が4000メートル。この日、同社の担当者が飛行原理や通信方法、安全対策、活用事例を示し、上空でドローンを飛ばすデモンストレーションを行った。

 深津徹町長や町職員、消防団員ら約50人が集合。ドローンが高く舞い上がると、「おー」と声が上がった。地上ではドローン搭載のカメラが140メートルの上空からとらえた映像を確認した。

 町担当課は、自然災害や火災・事故の現場など人が立ち寄れない場所で情報収集することができると指摘。「ドローンの機能を生かして安全、迅速に情報を集め、災害対策をとりたい」とした。

 2015年12月の改正航空法施行で、地表や水面から150メートル以上の上空▽人や物件から直線距離で30メートル未満▽夜間▽人口密集地―などにドローンを飛行させる場合、国の許可や承認が必要となった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10

手遊びやダンスを 「にこにこステージ」に120組

9月14日金曜日15:19

コスタリカに熱い声援 サッカー観戦し交流も深める 松川町

9月13日木曜日15:43

特産「三紀層大根」種まき 2カ月後の収穫に思い馳せ 阿南町富草小

9月13日木曜日15:24

南部5町村の青年農業者が交流会

9月12日水曜日15:02