松川町で大規模住居跡見つかる

地域の話題

[ 2013年 4月 10日 水曜日 15時53分 ]

 松川町元大島で発掘調査が進められている平安時代の集落跡で、大規模な竪穴住居跡が見つかった。町資料館によると、同じ時代の一般的な住居の3~4倍。四方の柱石6個に加え、中央部には主柱を載せた石4個が正方形に並ぶ。主柱石は飯田下伊那では出土例がなく、県内でも珍しい。

 町統合保育園建設に伴う調査で、建設用地約9700平方メートルのうち水田など約2000平方メートルで1月から始まった。

 大型の竪穴住居跡は東西10・5メートル、南北9・1メートル。中央部には45センチから60センチの平たい石が配置され、壁に沿って小柱を支える土台石のような6つの柱石が並んでいる。

 住居内からは土器や陶器による多くの食器類のほか、鉄製の鎌や小刀、大型のかまど、火をおこすために風を送る器具「ふいご」の羽口、当時の官人が使った帯「袴帯(かたい)」の留め具も出土した。町資料館の男性は「官人に関する住居、あるいは施設の可能性が出てきた。今後詳しく分析し、遺跡展や出土品展を計画している」と話した。

 また、別の住居跡からは袴帯に付けられた飾りとみられる石製の器具「円鞆(まるとも)」も見つかった。5センチ×3・5センチ、厚さ7ミリの半円形。袴帯に付ける小さな穴が3カ所ある。飯田下伊那の出土は初めて。

 袴帯は、半円形や方形の飾りが付けられた牛革製の帯。現代のベルトと同様の形状で、役人が公式衣装の朝服を着る際に使用した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52