松川町で森林セラピー体験会

地域の話題

[ 2019年 12月 17日 火曜日 16時54分 ]

 松川町の信州まつかわ温泉清流苑に隣接する「およりての森」の観光活用に向け、森林セラピーの体験会が16日、町内で開かれた。先進地の上水内郡信濃町から講師を招き、保養型観光や森林セラピーの魅力を学んだ。

 およりての森は、2013年に森林セラピー基地に認定され、清流苑を主体にガイドウオーキングやセラピーガイド育成に取り組んでいる。

 今回の体験会は、森林セラピーを活用する滞在交流プログラムの実現に向け、清流苑と南信州まつかわ観光まちづくりセンターが企画した。

 町内のガイド候補者や観光関係者など30人が参加。座学では、信濃町の事業にコンサルタントとして関わる「さとゆめ」の浅原武志さんが、保養地の概念や森林セラピーについて紹介した。

 「休養を目的に何度も足を運ぶ保養型の観光地を目指す必要がある」と指摘。森林内で五感を解放して体と心を癒すだけでなく、アロマセラピーやヨガ、健康に良い食事などを組み合わせたトータルなプログラム作りを勧めた。

 およりての森内では、信濃町の森林メディカルトレーナーをガイドに、実際の森林セラピーを体験した。

 モミやスギの葉などの香りをかいだり、深呼吸をしたり、川に足を浸けたりして五感で森林を満喫。昼食では、森林セラピー用に試作した町内の弁当も味わった。

◎写真説明:およりての森でセラピー体験

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35

東京五輪・パラ五輪が一年程度延期に

3月25日水曜日15:49

阿部知事とJR東海・金子社長が会談

3月24日火曜日15:55

卒園児にお守り贈る

3月24日火曜日15:42

ランドセルは海を越えて

3月23日月曜日15:13

飯田の街にも春到来

3月23日月曜日15:17

“つなぎ舟”の進水式

3月21日土曜日14:10

人面把手付土器が出土

3月21日土曜日14:34

“15の春”に喜びあふれ

3月19日木曜日15:20








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞