松川町で水利権古証文検分会

地域の話題

[ 2016年 11月 9日 水曜日 16時49分 ]

002松川町水利権

 松川町を流れる松川(現片桐松川)の水利権が記された古証文の検分会が8日、町内で開かれ、関係する井組の惣代(そうだい)ら25人が参加した。水争いをきっかけに作られた証文で、毎年この時期に開封され、それ以外は地元の金融機関の金庫で大切に保管される。桐の箱から慎重に取り出して広げ、246年前に決められた水利権を確認し合った。

 検分会は古くから年に1度開かれ、今でも水利権を確認する場になっている。

 元町資料館職員で郷土史に詳しい酒井幸則さん(66)=豊丘村神稲=によると、周辺は米を作り難い地形とあって、水争いは古くから繰り返された。1709(宝永6)年の干ばつをめぐる水論が、記録に残っているもので最も古い。当時の状況は「稲作に天竜川の水は使えず、湧き水や片桐松川から引っ張るしかなかった。そのため渇水期になると争いが頻繁に起きた」。

 1770(明和7)年、松川の上流と下流の井組間で起きた水争いを端に、江戸幕府の最高司法裁決機関「評定所」まで持ち込まれた。そこでの用水配分が証文に記されている。

 証文は松川の水利権を証明する唯一の書物とされる。幅30センチ、長さは約6メートル。この日は箱を覆う白い紙を外し、箱の中から巻かれた証文を取り出してゆっくりと広げ、酒井さんから解説を受けた。立ち会った深津徹町長は「先人たちの苦労がうかがえる」とうなずいていた。

 いまの判決文に当たり、争いの発端から判決までが詳しく書かれている。酒井さんは「松川井水の憲法とも言うべきもの。今も効力はある」と説明。また地元に残る貴重な資料といい「後世に伝えてほしい」と願った。

 解説の後、証文は再び丁寧に丸められ、収めた箱には白い紙を巻き付け、紙のつなぎ目に関係者18人が持参した印鑑で順番に押印。証文が入った箱は翌日、来年度の当番井が金融機関に預けた。

 酒井さんによると、残っているのは訴訟の翌年に書き写されたもので、原本の所在は分かっていない。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

五輪メダルの製作に 松川町も来月から協力

1月20日土曜日14:27

ザザムシ食べまいか かわらんべで調理体験

1月20日土曜日14:45

東京大会へ期待膨らむ 松川北小で五輪・パラ「フラッグツアー」

1月19日金曜日15:22

清流苑に「つるしびな」2500体 手作りの人形華やぐ 松川町

1月19日金曜日15:51

地権者らに組合加入を依頼 リニア予定地の上郷北条・丹保地区

1月18日木曜日15:11

三遠南信道で衝突事故 4人を病院に搬送

1月18日木曜日15:09

元気に踊って表現力を 千代小でダンスパーティー

1月18日木曜日15:00

地元の酒や公演楽しむ 大人対象に人形劇講座

1月17日水曜日16:34

「冬至梅」ほころび始める 春告げる天龍村で3分咲き

1月17日水曜日16:33

飯田市上村、地区の魅力をSNSで発信 フェイスブックの公式ページ開設

1月17日水曜日16:02

鼎→桜町 「願いかなえて桜」切符が人気 受験シーズン迎え

1月16日火曜日16:17

候補地情報の調査開始 体育施設とコンベンション施設 南信州広域連合

1月16日火曜日15:34

「東京五輪で使って」 天龍中生が村産杉で手作りのハンガー

1月16日火曜日15:46

フラッシュ禁止で味わい深い祭り復活 阿南町新野の雪祭り

1月15日月曜日15:57

小集落ながら県内最大級 千代・法全寺で御火

1月15日月曜日15:37



南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号