松川町の本光寺  檀家が山林活用し太陽光発電

地域の話題

[ 2013年 3月 25日 月曜日 15時54分 ]

 松川町元大島にある本光寺の檀家でつくる護持会が、寺所有の山林に太陽光発電所(出力約49・5キロワット)を建設した。土地を有効活用して売電事業に取り組む。今月末に通電を始める予定で、寺の維持運営に役立てたいとしている。

 太陽光発電所は寺の西側500メートルに位置。果樹園に囲まれた緩やかな斜面で、南アルプスを望む。山林2100平方メートルのうち、以前は苗畑として貸し出し、10年ほど前から遊休地だったという400平方メートルを活用した。

 昨年9月ごろから検討を始め、ことし2月上旬に着工した。横1メートル、縦1・3メートルのパネル計312枚を30度に傾け、南向きに据えた。総事業費は約2100万円。

 想定年間発電量は7万7000キロワット時。発電した電力は、固定価格買い取り制度を利用し全量を中部電力(名古屋市)に売電する。

 山林の使い道を探す中、太陽光発電所に注目。護持会のうち4人が昨年11月、株式会社を立ち上げて計画を進めた。社長の林好宏さんは「初めての事業で発電しないと分からない面もあるが、順調に進むことに期待したい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

花火の下で盆踊りの輪

8月12日水曜日15:13

キバナコスモスが見頃

8月12日水曜日15:52

今年は静かなお盆の様相

8月11日火曜日15:53

ネット通じ平和への思い共有

8月11日火曜日15:38

夜行性動物が一味違う姿

8月10日月曜日14:53

政策論争深まるか注目

8月10日月曜日14:44

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞