松川町の竹越遺跡発掘調査で謎の遺構発見

地域の話題

[ 2019年 11月 7日 木曜日 15時30分 ]

 松川町元大島の馬坂(まさか)にある「竹越遺跡」の発掘調査で、巨石を配した謎の遺構が見つかった。礎石としては配置が不規則で規模が大きすぎ、全国の一般遺跡にも類例がないという。今後埋める予定で、9日の一般公開が直接見られる最後の機会になる。

 宮ケ瀬橋架け替えの道路改良に伴い、馬坂自治会所の移転先用地から発掘された。約1000年前の平安時代の構造物で、1・5メートル×1メートルほどの花こう岩18個がほぼ平らに並んでいる。

 石は1個600~800キログラムほど。建物を支える礎石なら、国家が関わる寺院などの大きさという。通常の礎石は等間隔で規則正しいが、並びがいびつで礎石としての例がないとされる。

 調査した町文化財アドバイザーの酒井幸則さん(69)は「巨石を人為的に集めて配列したのは間違いないが、何の目的かは分からない」と話す。

 石の下には、礎石にみられる砂利など下部遺構が存在しなかった。

 竹越遺跡の発掘調査で見つかった平安時代の住居跡4棟から150メートルほど離れている。

 遺構に対面して同時代の鍛冶場跡が発見されており「鍛治場に関連した遺構ではないか」と酒井さんは推測した。

 馬坂周辺は古墳時代以降、馬を飼育する「牧」が存在し、2基の古墳があった。馬坂は国家が関与した勅旨牧(御牧(みまき)ともいう)ではないが、酒井さんは「御牧をまねた独自の建築物(の礎石)だったとしたら面白い」とロマンを膨らませた。

 遺構は現状を保ったまま埋め戻され、馬坂自治会所の駐車場にする。詳細を記録しており、解明は後世に託す。

 9日の一般公開は午後1時半から。小雨決行。問い合わせは、町教育委員会(電話0265・34・0733)へ。

◎写真説明:竹越遺跡の謎の巨石遺構

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞