松川町少年少女消防クラブの結成式

地域の話題

[ 2018年 12月 7日 金曜日 15時19分 ]

決意表明する児童

 松川町少年少女消防クラブの結成式が2日、町役場で行われ、そろいの法被を着た新クラブ員が元気よく決意表明した。

 クラブ活動を通した防火防災意識の高揚などを目的とし、町内の小学校に通う2~5年の児童12人が参加を希望した。

 この日、深津徹町長は「命と地域を守ることの大切さを楽しみながら学んでほしい」と激励の言葉。任命書交付に続きクラブ旗、のぼり旗、拍子木、防災カルタなどが贈られ、クラブ員を代表して松川北小4年の光澤琥珀さんは「町の火災予防や防災に少しでも役立てるように」と決意を語った。

 また町消防団は、消防団と一緒に学んだことを家族や友だちに伝えてほしい、と期待を寄せた。

 活動期間は4月1日~3月末まで。消防車に乗って広報したり救急体験、消防車見学、イベント参加など年4、5回の活動を予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから






NEW!南信州新聞社特別ツアーのご案内

NEW!南信州新聞社特別ツアーのご案内2











スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞