松川町消防団が出初め式 まとい振り勇壮に

地域の話題

[ 2015年 1月 6日 火曜日 13時33分 ]

 松川町消防団(宮沢武彦団長)は4日、出初め式を町内で開いた。団員約280人が町中心部のあらい商店街から中央公民館まで約1・5キロを消防車両とともに行進し、町民の防災意識の向上を願った。

 あらい商店街では、住民有志でつくる「消防団応援組」がパレードを盛り上げようと屋台を並べ、集まった人たちに豚汁などを振る舞った。中心部には横断幕を掲げた。

 行進を前に、神護原神社(同町名子)式年祭木遣り組の有志が消防団を応援するために用意したというオリジナルの木遣りうたを響かせた。まとい振りの披露では団員が勢い良くまといを振り上げると、見守った住民から拍手が湧いた。

 宮沢団長は応援組の取り組みに感謝し、応援組の男性(67)は「団員確保が難しい中、こういった活動を通じて今後も盛り上げていきたい」と話した。

 パレード後に式典が町民体育館で開かれ、そろいの法被に身を包んだ消防団員らが1年間の防災を誓った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53

治部坂高原色付き始める

10月13日火曜日14:39

増設の上郷でも始まる

10月13日火曜日14:29








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞