松川高美術部が壁画制作

地域の話題

[ 2012年 8月 9日 木曜日 9時38分 ]

 松川高校の美術部が、町道に面した同校外周の一角に壁画を制作している。町内で活動する美術団体など町民も協力。夏休みを利用して集中的に描き、10月の完成を目指す。

 校舎に隣接する教員住宅の板塀に絵を書き入れる。

 殺風景だった壁に、生徒たちの筆で明るくしようと昨年7月、学校側が提案したのがきっかけ。美術部の当時3年生を中心に制作に乗り出した。

 生徒たちが意見を出し合って考えたという壁画のテーマは「生命の誕生」。地元で活動する「やまなみ美術会」のアドバイスを受けながらデザイン画を作り、昨秋に下書き作業に入った。だが、寒さや卒業が重なり中断となっていた。

 完成を託された後輩の9人は、夏休みの先月末に制作を再開。やまなみ美術会や公民館社会部の協力もあって、顧問の教諭は「順調に進んでいる。目標の10月までには間に合いそうです」と話した。

 板塀は長さ30メートル、高さ2メートル。塀の右側から生命が誕生する様子を水性ペンキを使って描き出す。人類の誕生では人魚を取り入れて表現。植物では色を細かく変化させるなど工夫する。2年の女子生徒は「見る人に『すごい』と言ってもらえる作品にしたい」と語ると、丁寧に色を加えていた。

 同校美術部の壁画作りは、町中心部のあらい商店街に続き2作目。夏休みの期間中は週末を除きほぼ毎日登校し、暑さが厳しくなる前の午前中に手掛けていく。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞