松川高美術部が壁画制作

地域の話題

[ 2012年 8月 9日 木曜日 9時38分 ]

 松川高校の美術部が、町道に面した同校外周の一角に壁画を制作している。町内で活動する美術団体など町民も協力。夏休みを利用して集中的に描き、10月の完成を目指す。

 校舎に隣接する教員住宅の板塀に絵を書き入れる。

 殺風景だった壁に、生徒たちの筆で明るくしようと昨年7月、学校側が提案したのがきっかけ。美術部の当時3年生を中心に制作に乗り出した。

 生徒たちが意見を出し合って考えたという壁画のテーマは「生命の誕生」。地元で活動する「やまなみ美術会」のアドバイスを受けながらデザイン画を作り、昨秋に下書き作業に入った。だが、寒さや卒業が重なり中断となっていた。

 完成を託された後輩の9人は、夏休みの先月末に制作を再開。やまなみ美術会や公民館社会部の協力もあって、顧問の教諭は「順調に進んでいる。目標の10月までには間に合いそうです」と話した。

 板塀は長さ30メートル、高さ2メートル。塀の右側から生命が誕生する様子を水性ペンキを使って描き出す。人類の誕生では人魚を取り入れて表現。植物では色を細かく変化させるなど工夫する。2年の女子生徒は「見る人に『すごい』と言ってもらえる作品にしたい」と語ると、丁寧に色を加えていた。

 同校美術部の壁画作りは、町中心部のあらい商店街に続き2作目。夏休みの期間中は週末を除きほぼ毎日登校し、暑さが厳しくなる前の午前中に手掛けていく。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15

「来場して幸せな気分に」 22日にザ・ファイナル2018

7月7日土曜日14:47

飯田市内1121世帯に避難勧告

7月6日金曜日15:55

飯田で子ヤギのセリ市を開催

7月6日金曜日15:24