柳田家日記の一部発見、移築の来迎寺茶室ふすまから

地域の話題

[ 2010年 8月 28日 土曜日 13時59分 ]

 飯田市江戸町から伝馬町の来迎寺に、約15年前移築された飯田藩士柳田家の茶室のふすまから、このほど柳田家日記などの資料が発見された。筆跡などから8代目当主の柳田東助為善(1808―66)のものとされている。

 住民有志らでつくる茶室移転実行委員会の羽場崎清人さん(73)=同市知久町=が、柳田家の菩提寺である来迎寺住職だった渡邉文應さん(69)に敷地内への移転を依頼。移築後に羽場崎さんと渡邉さんは茶室の調査を実施し、市美術博物館へふすま2枚の調査を依頼したところ、東助が記したとみられる文書約100点が内部に貼り込まれていることが分かった。

 東助は飯田藩10代藩主堀親しげに御側用人として仕え、当時の飯田藩士の暮らしぶりがうかがえる日記『心覚』を残している。2004―08年にかけてこの日記2冊を出版した市美術博物館の桜井弘人学芸員は「小さな字で書き込んでいる点が東助の文章の特徴。日付などを挙げて日記形式で書かれており、公文記録の可能性もある」と話している。

 羽場崎さんと渡邉さんは「今後も有志など関係者と茶室を調査し、仕分けや整理を行って発表していきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞