柳田家日記の一部発見、移築の来迎寺茶室ふすまから

地域の話題

[ 2010年 8月 28日 土曜日 13時59分 ]

 飯田市江戸町から伝馬町の来迎寺に、約15年前移築された飯田藩士柳田家の茶室のふすまから、このほど柳田家日記などの資料が発見された。筆跡などから8代目当主の柳田東助為善(1808―66)のものとされている。

 住民有志らでつくる茶室移転実行委員会の羽場崎清人さん(73)=同市知久町=が、柳田家の菩提寺である来迎寺住職だった渡邉文應さん(69)に敷地内への移転を依頼。移築後に羽場崎さんと渡邉さんは茶室の調査を実施し、市美術博物館へふすま2枚の調査を依頼したところ、東助が記したとみられる文書約100点が内部に貼り込まれていることが分かった。

 東助は飯田藩10代藩主堀親しげに御側用人として仕え、当時の飯田藩士の暮らしぶりがうかがえる日記『心覚』を残している。2004―08年にかけてこの日記2冊を出版した市美術博物館の桜井弘人学芸員は「小さな字で書き込んでいる点が東助の文章の特徴。日付などを挙げて日記形式で書かれており、公文記録の可能性もある」と話している。

 羽場崎さんと渡邉さんは「今後も有志など関係者と茶室を調査し、仕分けや整理を行って発表していきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞