栄養士会が野菜キャンペーン

地域の話題

[ 2018年 8月 18日 土曜日 14時54分 ]

野菜たっぷり料理を試食する子どもたち

 県栄養士会飯下支部(梅村尚美支部長、約180人)は18日、飯田市鼎名古熊のアピタ飯田店で「野菜たっぷり・適塩キャンペーン」を行った。語呂に合わせて8月4日を「栄養の日」に定め、全国で展開している運動の一環。野菜料理の試食や適塩みそ汁の試飲など多彩なコーナーを設け、PRした。

 長寿県から健康長寿県への転換を目指し、県内では7支部が一斉に展開。今年は県とも連携した。

 飯田会場はエプロン姿の支部員ら11人が設営した。

 野菜たっぷり料理の試食では「ニラとニンジンのナムル」と、ナスやズッキーニを使ったフランス料理の「ラタトゥイユ」を提供。試食した子どもたちからは「おいしい」の声が漏れた。

 塩分を0・8%に抑えたみそ汁の試食では、「濃い」「ちょうど良い」「薄い」を聞き、表で示した。

 生の野菜を食べる野菜体験や栄養食生活相談のコーナーも設けた。

 県は20~50歳の7割が野菜不足の状況にあるとし、野菜摂取量の増加を狙う「今日から野菜をもうひとさらダ」の啓発もした。

 梅村支部長は「野菜にはナトリウムの排出を促すカリウムがあり、野菜を食べることが減塩にもつながる」と強調。「子どもの頃から野菜を食べる習慣を身に付けて」と呼び掛けていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞