核廃絶、恒久平和願い「アンネのバラ」7株植樹

地域の話題

[ 2010年 8月 11日 水曜日 15時35分 ]

 豊丘村の介護老人保健施設「はやしの杜」で9日、アンネ・フランクゆかりで、平和の象徴ともされる「アンネのバラ」の植樹式があった。利用者や職員ら約160人が参列、核兵器廃絶と世界の恒久平和を願った。

 長崎の「原爆の日」に合わせて行い、原爆投下時刻の午前11時2分には全員で黙とうを捧げた。

 アンネのバラは、強制収容所から生還したベルギーのバラ育苗家が作った。育苗家は1959年、アンネの父オットー・フランクにバラを寄贈。60年に「アンネ・フランクの形見」の名称で発表された。つぼみ期は赤く、黄色へと変色した後ピンクに染まるという。

 今回は須坂市の自宅でアンネのバラを育てている薄井キヌエさん(72)から2株譲り受け、同施設の北沢幸保事務長(61)と杜の会役員の木村君子さん(69)の計5株を加えた。

 植樹式ではフィリップ・ドゥ・ヘーア駐日オランダ大使と、長崎市の田上富久市長のメッセージ披露に続き、7株を吉川達郎村長、大坪勇理事長、金子勇施設長らが施設の中庭にある花壇に植えた。

 吉川村長は「戦後65年が経過したが、平和を思う気持ちは変わらない。平和のシンボルとして、また平和の核としてしっかり根付くことに期待したい」と話した。

 同施設は、平和を訴えるシンボルとしてアンネのバラを増やしていく。ことし5月には、広島への原爆投下で被爆したアオギリの種子から育てた「広島被爆アオギリ二世」の苗木を植え、平和と生命の象徴とし大切に育てている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞