根羽村で帰省者対象に村内探訪開く

地域の話題

[ 2010年 8月 16日 月曜日 8時06分 ]

 帰省客らに村の現状を知ってもらおうと、根羽村教育委員会は14日、村内見学会「根羽村探訪」をお盆に合わせて開いた。出身者を中心とした13人が参加し、小木曽亮弌村長らとともにマイクロバスで施設や名所など8カ所を訪れた。

 村を離れて暮らす人たちが郷里に理解を深めることで、さまざまなかたちで応援してもらおう―と一昨年のお盆から始めた取り組み。県内外から帰省した出身者とその家族が参加した。

 前半では、新しくなった村森林組合の事務所と製材所、根羽杉モデル住宅「杉風の家」、このほど完成した根羽杉住宅普及センターなどを訪問。林業立村を目指す村の方針について説明を受けた。

 飯田市在住の佐々木紀佳さん(37)は「施設が増えるなど、成功している印象を受けた。これからも一村独立で頑張ってほしい」と話していた。

 このほか、宿泊施設に改修された大正建築の旧小学校、ホタルの復活を目指して整備した水路、幅広い用途に対応している老人福祉センター、ネバーランド、国指定天然記念物「月瀬の大杉」、愛知県に注ぐ矢作川の水源域、村天然記念物「ネバタゴガエル」のいる茶臼山両生類研究所(カエル館)などを訪問した。

 小木曽村長は「多くの人は中学卒業後に住民票を持って村を離れ、Uターンできる人が少ないのが現状だが、村を応援する手段はある。お盆は村を知る良い機会。村の力になってもらえたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53

治部坂高原色付き始める

10月13日火曜日14:39

増設の上郷でも始まる

10月13日火曜日14:29

秋の曙月庵を彩ろう

10月12日月曜日12:05

継続か刷新か争点に

10月12日月曜日12:06








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞