根羽村で森の健康診断 山の価値を確かめよう

地域の話題

[ 2015年 6月 8日 月曜日 13時32分 ]

 住民参加による森林調査「森の健康診断」が6日、根羽村で開かれた。今回は初めて、「棚卸調査」も実施。伐採した木の材質を調べて、用途や価値を算出した。

 村による実行委員会と矢作川水系森林ボランティア協議会の共催による事業。山所有者や村森林組合、矢作川流域の住民、東京大学の学生ら60人ほどが集まり、村内9カ所に分かれて調査を行った。

 森の健康診断は、矢作川水系の市民活動として始まり、素人でも簡単にできる方法で人工林の植生や密度を調べる。10年ほど前から矢作川水系を中心に全国で続けられ、これまでに40都道府県で実施された。水系の山々が健康かどうか確かめることで、森林への関心を高めるとともに、間伐など山林の維持にもつながっている。

 根羽村での開催は今回で3回目。通常の森の健康診断とともに初めて行われた「棚卸調査」は、実際に1本木を切り出して曲がりや腐り、年輪幅などから材積や金額を把握する調査。チェック項目をまとめれば専門家でなくともある程度の価値が把握できるようにしている。

 村森林組合の参事は「かつては山の所有者が自分の山の価値を把握しており材積の計算もできた。自分の山の価値を知り、質を高めていくことにつながれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

臨時休校の方針決める

2月28日金曜日16:11

焼肉と音楽で飯田を熱く

2月28日金曜日16:44

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞