根羽村の柿の古木が今年も不作

地域の話題

[ 2019年 11月 21日 木曜日 15時50分 ]

 カメラマンなどに人気の根羽村黒地の柿の古木―。数年前から実がならない年が続き、今年も不作の裏年か、葉っぱのみが風に揺られている。

 カメラマンに人気のスポットで、例年の秋には「樹下にある古びた物置小屋との対比に風情がある」として愛好家らが多数訪れている。

 樹齢百数十年で老化が進んでいるのか、近年は実をあまりつけない「不作」が続く。

 昨年は久しぶりに実をつけてファンは歓喜。赤く色づいた実が秋の日に映える往年の姿が戻り、近くの住民も「樹下に広がる水田に施肥をした栄養が柿にも及び、元気を取り戻したのでは」と話していた。

 今年は「隔年結果」の裏年にあたるのか、再び実がならず、寂しい姿になっている。

◎写真説明:根羽黒地の柿古木

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

臨時休校の方針決める

2月28日金曜日16:11

焼肉と音楽で飯田を熱く

2月28日金曜日16:44

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞