根羽村の柿の古木が今年も不作

地域の話題

[ 2019年 11月 21日 木曜日 15時50分 ]

 カメラマンなどに人気の根羽村黒地の柿の古木―。数年前から実がならない年が続き、今年も不作の裏年か、葉っぱのみが風に揺られている。

 カメラマンに人気のスポットで、例年の秋には「樹下にある古びた物置小屋との対比に風情がある」として愛好家らが多数訪れている。

 樹齢百数十年で老化が進んでいるのか、近年は実をあまりつけない「不作」が続く。

 昨年は久しぶりに実をつけてファンは歓喜。赤く色づいた実が秋の日に映える往年の姿が戻り、近くの住民も「樹下に広がる水田に施肥をした栄養が柿にも及び、元気を取り戻したのでは」と話していた。

 今年は「隔年結果」の裏年にあたるのか、再び実がならず、寂しい姿になっている。

◎写真説明:根羽黒地の柿古木

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞