根羽村の植樹祭

地域の話題

[ 2013年 5月 12日 日曜日 9時38分 ]

 根羽村の植樹祭が11日、村の複合観光施設「ネバーランド」周辺で開かれた。新婚や銀婚、金婚の夫婦、同村を源流域とする矢作川下流域の愛知県民ら約200人が集まり、安城市から贈られたミツバツツジ200本を含む花木約500本を、ネバーランド向かいの村有地に植えた。

 ことしは安城市から志貴(しき)小学校の代表児童と教職員、保護者7人が初めて参加。「森を育てよう」と4年掛かりで育てたドングリの苗木120本を、安城市の副市長とともに雨の中で植樹した。

 小嶋喜樹校長は「この体験を通じて自然の素晴らしさに気付き、地域の人々と守っていこうという心が育てば」と話していた。

 新婚は5組中3組、銀婚は2組、金婚は10組中6組が参加し、ミツバツツジを仲睦まじく植樹。記念の標柱も協力して立てた。

 昨年の11月に結婚した村森林組合勤務の浅井孝太さん(26)=東京出身=、役場振興課勤務の沙希子さん(同)=富山県出身=夫妻は「標柱や名前が記録として残るのがうれしい。何年か経ってから見にきたい」と笑顔で話していた。

 新婚者の植樹は村の植樹祭が始まった1953(昭和28)年から毎年行っている。2008年からは矢作川下流域の住民も招くようになり、それぞれのきずなを深めている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15