根羽村小栃で小雨降る中どんど焼き

地域の話題

[ 2014年 2月 1日 土曜日 13時02分 ]

 30日は旧暦の大みそか―。この日、根羽村では、正月の門松や飾り物を燃やすどんど焼きが、集落ごと16カ所で行われた。この内、14カ所では早朝6時または7時の点火だったが、小栃(16戸)では、午後3時の点火で行った。

 50代から80代までの住民20人ほどが、各家から持ち寄った飾り物を区内の空き地に積み上げた。朝から雨の降る日で「いままで経験したことのない雨中のどんど焼きだ」と口々に。火の収まるのを待って餅を焼いて食べ、無病息災を祈念した。

 少子化で子どもが少なくなったが唯一、2歳児が家族と共に元気な姿を見せ、なごやかな雰囲気に。小栃では鈴木姓と片桐姓は門松を立てるが、12戸ある藤城姓の家では松ではなく「笹竹」を立てる風習が伝承されている。

 村中心部の上町では午後5時過ぎの点火。根羽川の河川敷に前日までに支柱を立て、門松や間伐の枝などでおんべを築く“飯田方式”のどんど焼きを行った。40戸余りから大人も子どもも集まり、夜空を焦がす火を見つめながら楽しんだ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

桜の下で勇壮に舞う

4月9日木曜日15:31

飯田市教委が小中学校臨時休校を発表

4月9日木曜日15:06

地元産の安全な野菜を

4月8日水曜日17:35

テイクアウト情報を発信

4月8日水曜日17:31

阿智村昼神温泉郷のハナモモが見ごろ

4月7日火曜日16:11

現新の前哨戦 熱帯び始め

4月7日火曜日16:09

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞