根羽産大豆で豆腐製造

地域の話題

[ 2011年 1月 31日 月曜日 10時02分 ]

 根羽村産の大豆で作った2種類の豆腐がこのほど、飯田合同庁舎ロビーで試験販売された。訪れた人の反応は上々で、来年度は評価をもとに品種を絞り込み、改良を加えながら月に1回程度のペースで限定製造したい考えだ。

 豆腐は国内産大豆と根羽の水を使った「大杉豆富」を自社プラントで製造している同村の第三セクター「ネバーランド」が、ほぼ同じ製法で作ったもの。大杉豆富は1丁210円で売っているが、村内産大豆を使った豆腐の販売予定価格は500円とした。

 商品名は検討中だが、試験販売では飯田下伊那各地で栽培されている「つぶほまれ」で作った豆腐は「根羽豆富1号」、飯伊では根羽村だけで栽培している「さとういらず」を使ったものは「根羽豆富2号」と表示。2つの仮称が想起させるロボットをパッケージにあしらい、遊び心を表現した。

 合同庁舎ロビーの試験販売には各100丁を並べ、試食を勧めながらPRしたところ、それぞれ3分の2程度を販売。さとういらずを使った2号の評判が特に良く、「甘みがあり、柔らかくておいしい」と好評だった。

 本年度の大豆栽培は、遊休農地の解消を目的に15アールで行い、約300キロを収穫した。従来は小規模な自家用栽培が中心だったが、豆腐を作るには原材料の品質や規格を一定にする必要があることから、NPOみどりの風の協力を得て大規模栽培に取り組んだ。

 来年度は栽培面積を増やしつつ、商品改良にも取り組み、本格販売に乗り出す計画。正式なパッケージは、県の補助金を活用して作る予定だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42

環境保全の計画公表

11月17日火曜日15:16

8年ぶりにカメラ発見

11月16日月曜日15:16

故人しのび思い出語る

11月16日月曜日15:55

「地域と共に進化を続け」

11月14日土曜日13:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞