桜丸御門の大規模改修工事一般見学会のお知らせ

地域の話題

[ 2010年 6月 10日 木曜日 8時00分 ]

 飯田市追手町の県飯田合同庁舎敷地内にある飯田城の遺構「桜丸御門」(通称・赤門)で19日、5月に始まった大規模改修工事の一般見学会が開かれる。午後1時半から同4時まで。事前の申し込みは不要。

 赤門は現在、仮設の屋根組みごと雨などを防ぐシートに覆われて改修工事が進められている。外から内部の詳細は見えにくいが、見学会ではシート内の工事用の足場を利用して、屋根や瓦、内部構造などを間近で観察できる。

 当日は施工業者の「伊賀良木材」や工事監理委託業者の「信濃伝統建築研究所」などが協力。▽既存の瓦と新規に用いる瓦の違い▽柱や瓦から推測される過去の改修年代や当時の特徴―などを説明し、質問も受け付ける。赤門関連の資料や模型も公開する。

 下伊那地方事務所によると、赤門は1754(宝暦4)年に建てられ、高さ7・6メートル、幅7・3メートル、奥行4・6メートル。扉や柱がベンガラで赤く塗られたことから、赤門と呼ばれるようになった。

 大規模改修は1985(昭和60)年以来25年ぶり。瓦の損傷やずれなどに伴う雨漏りが目立つことから、県が約1000万円をかけて5月に着工した。瓦のふき替えを中心に内部の損傷具合を確認しながら改修を進め、ベンガラを塗り直す。竣工は8月末ごろを予定している。

 下伊那地事所は「改修見学会は、貴重な文化財に親しめる、またとない機会」として、多くの来場を期待している。ホームページ上でも改修工事の情報を掲載している。

 問い合わせは下伊那地事所地域政策課(電話0265―53―0400)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05

児童の笑い声 校舎に響く

5月18日月曜日16:39

「伝統野菜」地域で守る

5月16日土曜日13:41

緊急対策で第2弾提案へ

5月16日土曜日13:35

トウモロコシの定植始まる

5月15日金曜日15:58








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞