歌に合わせ園児らが七草がゆづくり

地域の話題

[ 2012年 1月 18日 水曜日 15時52分 ]

 季節感やしきたり、伝統文化を次世代に引き継ごうと14日、飯田市伝馬町の来迎寺で「七草とあそぶ会」が開かれた。市内の女性有志らが毎年開く催しに園児ら約100人が参加。歌を口ずさみながら七草を刻み、でき立てのかゆを味わった。

 五節句のうちの1つで新年最初の「人日(じんじつ)の節句」を多くの人と楽しみたいと企画。これまでりんご並木三連蔵前や同市上郷の高松児童館など場所を変えつつ毎年開いてきた。

 この日は飯田中央保育園の園児32人も参加。たすきに飯田りんごんの豆絞り手ぬぐいを着けた子どもたちは、「七草ナズナ、唐土の鳥が…」と歌う女性会員たちのリズムに合わせ、地元産のナズナやホウレンソウ、フユナをすりこぎで刻んでかゆを作り上げた。

 酒井敏絵会長代理は、温かいかゆをほお張る子どもたちを見ながら「私たちの年代でストップさせてはいけない情緒ある行事。楽しみながら伝えていくことができれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03

「夏休みに読書楽しんで」

7月31日金曜日15:04

飯田の会社員男性「陽性」

7月30日木曜日15:25

飯田市がコロナ対策第4弾を発表

7月30日木曜日15:39

海辺の青い鳥飯田で

7月29日水曜日15:33

ホオズキの出荷始まる

7月29日水曜日15:57

大島の孤立状態解消

7月28日火曜日15:52








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞