気象観測機器を市に無償譲渡

地域の話題

[ 2013年 3月 8日 金曜日 14時11分 ]

 気象庁は6日、飯田市馬場町の登録有形文化財「旧飯田測候所」に展示するための気象観測機器約20点を飯田市に無償譲渡した。同所で授与式を開き、長野地方気象台の高野俊二台長が佐藤健副市長に目録を贈呈。環境学習や地域づくりの拠点として市が整備する同所に展示される。

 市に譲渡された観測機器は計測震度計や風車型風向風速計、電気式湿度計、金属製自記温度計、地上気象観測装置など約20点。いずれも各地の気象台や地域気象観測システム(アメダス)で使われていたもので、旧浜松測候所で昨年まで使用されていた機器も含まれている。

 伊那電気鉄道(現飯田線)の敷設による震度観測への影響を懸念し、1923年に宮ノ上から現地に移転した歴史を踏まえ、市が地震計室に展示する計測震度計の提供を要望。気象庁の計らいでその他の機器を含む一式が提供されることになった。

 授与式で高橋台長は「東日本大震災の教訓の一つに正しい知識を得ることの重要性があった。気象や防災に対する子どもや市民の皆さんの知識が増えればありがたい」とあいさつ。佐藤副市長、伊澤宏爾教育長が謝辞を述べ、「旧飯田測候所の歴史を市民に伝え、環境教育がしっかりできる場にしていきたい」(佐藤副市長)と思いを語った。

 同庁舎は県内に唯一残る大正時代の測候所の建物で、2012年8月に国の登録有形文化財になった。市は07年に土地と建物を取得し、環境政策・学習を推進する拠点、旧測候所の歴史価値を振り返ることができる場所―などを設置目的に整備を進めている。市教委は「14年春から利用を開始したい」としている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30