水引でTOJ月桂冠を作製

地域の話題

[ 2013年 5月 17日 金曜日 9時39分 ]

 22日に飯田市下久堅で開かれる第16回ツアー・オブ・ジャパン南信州ステージの優勝者らに贈られる栄冠「月桂冠」がことしから一新される。初回から担当してきた飯田水引協同組合(田中康彦理事長)の有志が自転車をイメージした新たなデザインを考案し、作製した。

 同組合は2005年の南信州ステージ初開催から、月桂冠を提供。結納の品を組み合わせた金色を基調としたものを贈ってきたが、「もっと元気なデザインにしたい」と有志らが2月から変更をめぐる検討を重ねていた。

 仕事を終えた組合員ら延べ30人が、夜に集まり、計20時間をかけて練り上げた新デザインは、緑を基調とした豪華なつくり。幹の部分は伝統的な「木巻き」、赤色の実は「あわじ結び」の技法で細工。葉の部分は各社固有の技法を共有しあい、アレンジして立体感が出るように工夫した。

 前面にはアイボリー色の水引で、ロードレーサータイプの自転車をデザイン。水引の町が贈るのにふさわしい月桂冠を完成させた。

 5個を作製。本番では区間賞、個人総合時間賞、ポイント賞、山岳賞、新人賞の選手5人に贈る。

 今回の取り組みを、「若い組合員たちが伝統的な技法に迫る貴重な機会になった」と評したのは同組合デザイン開発担当の男性(66)。「とても素晴らしい作品ができたと自負している。多くの方に目にしていただくことができれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

震災から10年振り返る

3月8日月曜日15:23

高校生が鳥居を製作

3月8日月曜日15:13

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19










記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞