水引の髪飾りで地元愛を表現 来年1月の成人式用に

地域の話題

[ 2017年 6月 22日 木曜日 15時50分 ]

前撮り用に作った水引の髪飾り

 成人式に飯田っ子らしい髪飾りを付けて出席したい―という女性の声に応え、飯田市鼎上山の水引会社経営、関島正浩さん(53)が飯田水引のオーダーメード髪飾りを手掛けた。

 

 髪飾りを飯田特産の水引にしたいと考えたのは、同市駄科の生まれで、現在は名古屋市の看護学校に通う木下葵さん(20)。家族の知人に紹介された関島さんに発注し、このほど帰省して「前撮り」で付けた。

 

 髪飾りは花桃を思わせる鮮やかな色使い。製作は短期間で行われたが、関島さんも納得の仕上がりとなった。

 

 木下さんは地元愛が強く、家族によるといずれは飯田に戻って看護師か保健師として働きたい考え。来年1月の市成人式には、これとは別にオーダーする水引髪飾りを付けて出席する予定だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号