水引の魅力伝える 飯田水引PJが福島でワークショップ

地域の話題

[ 2017年 3月 17日 金曜日 15時13分 ]

福島で水引ワークショップ

 飯田水引の知名度向上、販路拡大などを目指し海外展開やワークショップの開催などに取り組む、飯田商工会議所と飯田市内の水引製造会社4社でつくる「飯田水引プロジェクト」(唐澤秀宜代表)は12日、福島市で開かれた「キッズワークショップカーニバルinふくしま」に初参加した。水引を使ったしおり作りを通して、水引とは何か、どんな時に使うのか、どんな物が作れるのかなど、その魅力を伝えるとともに、一大産地である「飯田」をPRした。

 「日本の伝統芸能『水引』で自分だけのしおりを作ろう」と題したワークショップは、小学校3年生以上を対象に行った。水引が何で作られているか、元々何に使われていたか、込められた意味は何かなどを、クイズ形式で楽しく伝えた。

 このうち何で作られているかは、ワイヤー、ゴム、紙の3択で質問。結果はワイヤーという答えが最も多く、唐澤代表(60)は「子どもたちが水引に触れる機会がない。水引そのものの認知度の低さをあらためて感じた。結納なども減り、大人になっても水引に触れる機会は少なくなっている。子どもたちにいかに水引に触れてもらえるかが大きな課題」と話した。

 また、水引には「人と人とを結びつける」意味合いがあることを伝え、自作したしおりを、メッセージと一緒に大切な人に送ることをコンセプトに実施。子どもらは、好きな色の水引を選ぶと淡路結びに挑戦し、和紙と組み合わせることでしおりを完成させた。時間を忘れて夢中になっていたという。

 唐澤代表は「これまでのワークショップでは、作って楽しむことがメインとなっていたが、今回は作る前に水引がどんなものなのか、しっかりと伝えることができた。水引の認知度を高めるためにも、今後も伝える部分を大切にしていきたい」と力を込めた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞