水引の魅力伝える 飯田水引PJが福島でワークショップ

地域の話題

[ 2017年 3月 17日 金曜日 15時13分 ]

福島で水引ワークショップ

 飯田水引の知名度向上、販路拡大などを目指し海外展開やワークショップの開催などに取り組む、飯田商工会議所と飯田市内の水引製造会社4社でつくる「飯田水引プロジェクト」(唐澤秀宜代表)は12日、福島市で開かれた「キッズワークショップカーニバルinふくしま」に初参加した。水引を使ったしおり作りを通して、水引とは何か、どんな時に使うのか、どんな物が作れるのかなど、その魅力を伝えるとともに、一大産地である「飯田」をPRした。

 「日本の伝統芸能『水引』で自分だけのしおりを作ろう」と題したワークショップは、小学校3年生以上を対象に行った。水引が何で作られているか、元々何に使われていたか、込められた意味は何かなどを、クイズ形式で楽しく伝えた。

 このうち何で作られているかは、ワイヤー、ゴム、紙の3択で質問。結果はワイヤーという答えが最も多く、唐澤代表(60)は「子どもたちが水引に触れる機会がない。水引そのものの認知度の低さをあらためて感じた。結納なども減り、大人になっても水引に触れる機会は少なくなっている。子どもたちにいかに水引に触れてもらえるかが大きな課題」と話した。

 また、水引には「人と人とを結びつける」意味合いがあることを伝え、自作したしおりを、メッセージと一緒に大切な人に送ることをコンセプトに実施。子どもらは、好きな色の水引を選ぶと淡路結びに挑戦し、和紙と組み合わせることでしおりを完成させた。時間を忘れて夢中になっていたという。

 唐澤代表は「これまでのワークショップでは、作って楽しむことがメインとなっていたが、今回は作る前に水引がどんなものなのか、しっかりと伝えることができた。水引の認知度を高めるためにも、今後も伝える部分を大切にしていきたい」と力を込めた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞