治部坂高原に秋の彩り 21、22日に「もみじまつり」 阿智村浪合

地域の話題

[ 2017年 10月 13日 金曜日 15時20分 ]

色付き始めた治部坂高原

 阿智村浪合の治部坂高原でもみじ並木の木々が徐々に色付き始めている。14日から幻想的な竹灯籠で並木を彩る「竹あかり」のライトアップが始まるほか、21、22の両日は「治部坂高原もみじまつり」(実行委員会主催、南信州新聞社など後援)が開催される。

 別荘管理事務所によると例年より色付き始めは早いという。一方で、青い部分もまだ多く、最も見頃になるのは21、22日ごろになるとみられる。

 竹あかりは、竹灯籠に大小さまざまな穴を開け、内側からライトで照らす飾り。昨年初めて実施し好評を博した。今年も浪合自治会や観光協会、別荘会などの住民が9月に智里東で竹を切り出し、今月から加工作業を続けてきた。浪合小学校児童がデザインした竹あかりも加わる。

 昼神温泉や智里西などと連携した竹あかり実行委員会では塩ビ管を使った灯籠も用意。竹を含め大小120~150本ほどが治部坂高原の夜を彩る。点灯時間は午後6~9時。

 もみじまつりでは両日とも秋の味覚や野菜などを販売するほか、21日は釣り大会(午前10時半、午後1時45分の2回)、浪合念流太鼓の演奏(午前11時と午後1時)、竹あかり音楽祭(午後2~5時)、別荘管理事務所での芋煮会を開催する。

 22日はクラシックカーの展示と島倉千代子さんを偲ぶ会(午前11時から)を開催する。ジャム工房では両日とも特別メニューとイベント抽選会も開催する。問い合わせは実行委員会事務局(電話0265・47・1111)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞