泰阜村、移住定住に新たな取り組み 若い世代が呼び込む

地域の話題

[ 2017年 5月 5日 金曜日 13時59分 ]

村内の若い世代が集い、コミュニティーの創造を目指す

 泰阜村は、これまで展開してきた山村都市交流を移住定住促進につなげるため新たな取り組みにチャレンジしている。県外者を対象にした単発のイベントを改め、まずは村内の若者世代が村の魅力を肌で感じ、それに共感して村に訪れた人たちを再び村に呼び戻す計画。担当する村づくり振興室の池田一治さん(62)は「若い世代のコミュニティーを創出していければ」と意気込む。

 2013年度から取り組む山村都市交流体験イベントは、県外へのPRと「第2の故郷化」を狙い、狩猟体験や音楽祭、沢登り、キクイモや信州の伝統野菜に認定される源助かぶ菜の収穫などで継続実施されてきた。一方、各種イベントを通じた移住者はこれまで1組にとどまるなど、村の情報発信ができても移住にはつながっていない厳しい現状がある。

 池田さんは同村への移住者の多くが、村内で活動するグリーンウッド自然体験教育センターの自然体験事業参加者や経験者であることに注目。毎年県外者に大人気の山賊キャンプ参加者やスタッフらが再び泰阜村に戻り、その後定住するケースが多いとして、新たな仕組み作りを模索する。

 村は昨年、同センターと連携を図る山村都市交流推進事業チームを発足。まずは村内若年夫婦に村の魅力を知ってもらい「つながりから外へと波及させたい」と戦略を練る。

 入学前の比較的参加しやすい子供や保護者を対象にした「わんぱくクラブ・シャペシャル」は昨年11月に森遊び、今年3月に味噌作りを行い、4月の「山菜採りと調理」には村内5家族が参加した。6歳の長男と訪れた同村の原清佳さん(37)は「タケノコを掘って食べて、初めての体験。子供と一緒にできることがうれしい」と話した。

 今後も夏場の川遊びや秋の森遊び、冬場は室内の催しなどを通じて若年世代のコミュニティーをつくり、村外へ強く情報を発信する原動力へとつなげたい考えだ。

 かつて外資系企業に勤め、海外勤務もあった池田さんは、横浜市で900世帯が暮らす大型マンションから2010年、泰阜村への移住を決めた。地域おこし協力隊を経て現在は役場職員として移住定住促進事業に励む1人だ。「少し長いスパンで取り組みたい。若手夫婦の仲間意識を高めることは村に残るきっかけづくりにもなる」と池田さん。「泰阜村体験者がその魅力を感じ、再び戻ってくるような仕組みと受け入れ態勢を整えたい」と語る。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52